地元の高校生に工場見学に来ていただきました

光洋陶器では岐阜県若年者地域事業の一環として、県内の高校生を対象に工場見学を行っています。

本日は岐阜県立多治見工業高等学校セラミック学科の1年生40名が工場見学に訪れました。今回の見学ではより専門的な説明を行うため7人ほどで1グループを組み、各グループを担当者が案内する形で工場見学を行いました。

弊社では『自動化に支えられたワーカーレスファクトリー・人は創造的な仕事へ』というコンセプトを掲げており、工場内では“人にしかできない作業”と“ロボットによる自動化した作業”と学校の授業では習わない実際の現場を皆さんに見ていただくことができました。


弊社の取り組みをプロジェクターで説明の後、年齢や境遇の近い入社数年の若手社員から「入社したきっかけ」「仕事で頑張っていること、苦労したこと」「オンオフの切り替えやプライべートについて」の話を聞く時間もあり、職場の雰囲気等を少しでもお伝えできたかと思います。

岐阜県労働局が委託したこの事業は若者が地元に定着することを目標に県内の高校生が中小企業を訪問しており、光洋陶器への訪問は今年が2回目となりますが、この工場見学が地元の伝統産業・地場産業へ興味を持つきっかけになればと思います。

 

 

 

 

 

 

 



光洋陶器株式会社では求人を募集しております。
詳しくは 採用情報 からご確認ください。


光洋陶器株式会社 生産工場の様子

お問い合わせは こちらよりお願いいたしします。