地元の小学生に工場見学に来ていただきました

光洋陶器では地域貢献の一環として毎年地元の小学生に対しての工場見学を行っていますが、本日は土岐市立泉西小学校の3年生の皆さんが工場見学に訪れました。

 


見学の主な流れとしては最初に簡単な陶器についてのレクチャーを受け、実際に現場で説明を受けながら見て回るというコースです。

地元であっても実際に陶器を生産している様子を見るのは初めてという児童がほとんどで、間近で機械や人の手によって作られている光景を興味津々といった表情で見学していました。

皆さんが知っているお店の商品を印刷している場面や、人間のような動きをする施釉ロボット等を通して陶器産業の面白さを感じてもらえたかと思います。

 

最後の質疑応答では「強い地震があったらどうしますか」という大人のような質問から、「工場で音楽が鳴るのはなんですか」(※弊社では行程事に完了の音楽を設定し、音楽で機械を区別しています)といった子供ならでは疑問点など、多くの質疑応答が飛び交い熱心にメモをとる場面もありました。

このような工場見学から興味をもってもらい将来的に地元の陶磁器産業がどんどん発展していけば嬉しく思います。

 

弊社では学校に限らず工場見学を行っています。ご興味のある企業や団体の方々はお問合せよりご連絡ください。

 

光洋陶器株式会社 生産工場の様子

お問い合わせは こちらよりお願いいたしします。