土岐市長に工場視察へ来ていただきました

光洋陶器の本社工場は、岐阜県の東濃エリアにある土岐市という6万人ほどの市にあります。この度この土岐市長以下関係者6名で工場視察に来訪いただきました。

 

 

 

東濃エリアは1300年ほどの歴史を持つ陶磁器の伝統的な産地でありながらも、工業的な陶磁器生産地の顔も持ち、全国の50%ほどの生産量を誇ります。皆さんの家庭で使われる食器から、私たちが主にお客様として製造するレストラン・ホテルまで幅広く食卓を飾っています。

 

しかし、この生産を支える多くのメーカーも年々減少傾向にあり、効率化や自動化などの新たな取り組みが求められていくなか、今回弊社の工場での取り組みを視察していただき、お互い多くの意見交換をさせていただきました。

 

 

伝統産業・地場産業が今後も持続的にものづくりを行っていけるよう、民官越えて今後も取り組んでいきたいと思っています。

 

 

光洋陶器株式会社 生産工場の様子

お問い合わせは こちらよりお願いいたしします。